FC2ブログ

マツケンCSR通信

松下生活研究所のCSR(企業の社会対応力)をめぐる日々の動きを発信していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

松下所長が熊日新聞の1面トップに!

016年(平成28年)12月20日(火)

本日、熊本日日新聞の朝刊に当研究所長・松下修が事務局長を務める「ふるさと発 復興会議」の記事が掲載されました。

20161220熊日一面

なんと第1面のトップ記事。

「”よそ者”行政、住民つなぐ」という見出しで御船町の住民座談会への「ふるさと発」の中間支援活動が紹介されました。

トップ写真で熊本大学名誉教授の徳野貞雄先生と並んで進行役を務める松下所長の姿が写っています。(ちなみにこの二人は熊本大学大学院のゼミの師弟関係でもありました)

今回の熊本地震ではたくさんのボランティアや支援団体が復興に関わってきましたが、「ふるさと発」は、農業や、なかなか公的支援の届きにくい被災ゾーンにフォーカスしながら支援活動に取り組んでいます。

IMG_1946.jpg
写真は10/29山都町での復興会議で説明する松下所長


行政と住民の間に入り、双方の意志と情報のパイプ役を務めながら地域復興を促しています。

議長を務めるのは震災後の西原村で農業ボランティアを立ち上げ、のべ3000人近いボランティアを送り込んで地元農家を支援した河井昌猛(43)さんです。

IMG_1931.jpg
写真は同じく10/29山都町復興会議での河井昌猛議長

この河井議長の主導で先日(12/3)も御船町八勢の土石で埋もれた農業用水路をボランティア40名を動員して復旧させ、地元農家の方に大変喜ばれました。

CIMG3189.jpg
江戸時代に作られた農業用水路の復旧作業をするボランティアの皆さん

社会福祉協議会を中心としたボランティア活動では「農家支援」は特定の産業の支援になるからという理由で公式には認められていません。

しかしながら、道路や水道や電気を社会のインフラと呼ぶなら、農業は言わば「食」という「命のインフラ」を支える重要な仕事です。
被災時に限らず、国や自治体が「農業」の存続と復興に全力で取り組もうとしない(少なくとも私にはそのように見えます)のは、まことに不思議な話です。

「ふるさと発 復興会議」はこのような実態をしっかり視野に入れながら被災した農家の支援に力を注いでいます。

来年早々、1月の下旬には2008年に国の重要文化的景観に選ばれた山都町白糸台地の棚田復旧に取り掛かる予定です。

IMG_1885.jpg
山都町白糸台地の棚田の風景

詳細が決まり次第またこのブログやフェイスブックで告知していきたいと思います。

(記 岸本亨)

スポンサーサイト
[ 2016/12/20 16:11 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。