FC2ブログ

マツケンCSR通信

松下生活研究所のCSR(企業の社会対応力)をめぐる日々の動きを発信していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「行政と住民の復興座談会ー御船町のチャレンジー」

2016年(平成28年)10月28日(金)

今月から御船町が震災復興に向けて意欲的な取り組みを始めました。

町を校区別に10のエリアに分け、そのすべての地域に町長ほか全課長が出向いて意見交換の座談会を行うというものです。

公務終了後、町長、役場幹部全員がその日の該当地区に赴き、夜7時から9時まで地域の復興課題について地元住民と直接話し合います。全部で10回行います。

震災から半年がたち、復旧や復興が目に見えて進んでいるところ、一方で、被災直後の姿から一向に変化が見られないところ、様々な格差が見えてきました。

特に街から離れた中山間地では道路や農地、水路などが震災と6月の豪雨で破壊されたまま非常な不便を強いられているところが数多くあります。

その当事者である住民の不安と苛立ちは、月日がたてばたつほど増幅されていきます。

役場は自分たち地域のことをちゃんと考えてくれているのだろうか?
一刻も早く復旧させるためにきちんと手を打ってくれているのだろうか?

このような地元の疑問や不安に直接答え、話し合うことを目的に御船町長の英断で始められた座談会です。
県内でもこのような取り組みは他に聞いたことがありません。

この取り組みには当研究所代表・松下修が事務局長をつとめる中間支援組織「ふるさと発 復興会議~九州・熊本」(統括代表・徳野貞雄)が行政と住民の間を取り持つコーディネーターとして協力しています。

今月17日からすでに三回実施されました。

「御船町復興計画策定にかかる地区座談会」

10月17日(月)第一回 田代東部地区座談会

10月18日(火)第二回 田代西部地区座談会

10月21日(金)第三回 水越地区座談会

いずれの座談会も20~30名の住民が参加し、行政側と意見を交わしました。

道路の復旧に関する質問と要望が相次ぎました。

その中で、地区の主要な生活道として利用してきた町道が地震と豪雨で崩れ不通になり、それまでは10分程度で行き来できていたところが小一時間もかかるようになった地域がありました。

「郵便配達の方も大変な苦労をしている。
自分も民生委員としてちょっとした行き来もできなくなった。
バイク一台、軽自動車一台でもいいから仮復旧で通れるようにしてもらえないか?」

そう訴える住民の声には切実な響きがありました。

しかし、崖崩れで40m以上崩落した現場は非常に危険な状態になっているという厳しい現実が立ちはだかっていました。

「おっしゃることはよくわかる。
しかし無理な仮復旧をしても再び崩れて人命にかかわる恐れがある。
町民の生命と安全を守るのが私たち行政の最大の責務であり、十分な安全が確認できないまま拙速に通してしまうことはできない。皆さんの命や安全を二の次三の次にすることはできない。
不便を強いられている皆さんのお気持ちは痛いほどわかる。町としても土木専門家やコンサルタントなどの意見や調査報告を聞きながら最善の対策を協議している。それにはどうしても時間がかかる。方針が定まり次第必ず皆様にお伝えする。どうかもう少し時間をいただきたい。」

そう答える町長の言葉にも苦汁の響きが満ちていました。

どちらの言うことが正しいという問題ではありません。

お互いがお互いの立場から率直な気持ちと状況を伝え合っている。
このフェイス・トゥー・フェイスのやりとりにこそ価値があると感じました。

両者の間に入ったコーディネータ―は互いの想いを要約し、やりとりの継続を促します。

行政と住民。
両者が対立する立場でものを言うのではなく、問題を共有し立場の違いを超えて最善の解決を図るのがこのような対話の最大の意義だと思います。
役割立場が違えども両者とも地元を愛する「町民」であることに変わりはないのです。

一連の座談会を通じて地域のコミュニティの大切さがあらためて確認されました。日頃のお隣近所とのコミュニケーションが非常時には大きな力を発揮することがわかりました。

そして、行政と住民をつなぐ「パイプ役」の必要性があらためて浮き彫りになりました。
それは各地区の区長さんだけではなく、地元役場OBかもしれないし、ボランティアかもしれないし、中間支援組織の支援員かもしれない。
いずれにしても、災害からの復興には住民にきめこまかく寄り添い行政につないでいく「パイプ役」が必要であることがわかりました。
新潟の「中越地震」からの復興においても、このような支援員が大きな役割を果たしたことが知られています。

そして、このような行政と住民の率直な対話とコミュニケーションを継続していくのが何よりも重要であることが各座談会で強調されました。

災害からの復興に向けて行政と住民が直接向き合い、最善の道筋を探っていく御船町のこの意欲的な取り組みが、喜ばしい成果を生み出していくことを願ってやみません。

IMG_1727.jpg
10月17日(月) 田代東部地区座談会の模様

IMG_1760.jpg
10月18日(火) 田代西部地区座談会の模様(話しているのは「ふるさと発 復興会議」の徳野先生)

IMG_1780.jpg
10月21日(金) 水越地区座談会の模様

(岸本 亨)
スポンサーサイト
[ 2016/10/28 10:20 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

「復興一歩一歩」

2016年(平成28年)10月15日(土)

夕方、松下さんと共に益城町の住宅修復の現場へ。

施主のHさんのDIYと松研のコラボ工事です。

五木村の大工さん上村さんが今週初めから応援参加してくれています。

毎日片道2時間の通勤です。

おかげで工事全体のスピードがかなりアップした様子。

壁や柱の安全な修復のめどが立ち、Hさんも安心の表情でした。

それぞれがそれぞれに復興に向かって一歩一歩。

(岸本 亨)

IMG_1621.jpg

IMG_1628.jpg


[ 2016/10/15 18:04 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

「古民家修復プランニングワークショップ」

2016年(平成28年)10月13日(木)

きのう12日(水)、甲佐町津志田の古民家・北崎邸で「古民家修復プランニングワークショップ」を開きました。

二日前に長崎と福岡からの学生さん13名に片付けや草刈りを手伝ってもらったばかりの築80年の家です。

ワークショップのアドバイザーとして日本の伝統建築構造ご専門の熊本県立大学の北原昭男教授、古民家再生で九州屈指の実績を持つ建築家・宮本繁雄さん、伝統工法に取り組む若き大工・浦田浩さんを招き、当研究所代表・松下修がコーディネーターをつとめました。

近隣の住民の方、建築士の方々、県立大学北原ゼミの学生さんたちや、マスコミ各社など30名近い皆様に参加いただきました。

冒頭、施主の田上清美さんに解体を思いとどまったいきさつをお話いただきました。

被災してから兄弟、親戚は皆解体を勧めていたが自分としては幼い頃からのたくさんの思い出があり、できれば建物を残してまたここに皆で集まりたいと思っていた。

そんな折松下さんとご縁があり梁や柱がしっかりしており解体せずとも修復が可能であることを教えられた。

その後片付けをしていたら戦死した親族の遺品が出てきてその心情を思うと胸が迫り、やはり頑張ってこの建物を残したいという気持ちがますます強まった。

できればいろんな人がここに集まり食事や談話を楽しめるようなスペースにして、ここを生かしていきたい。

こんなお話でした。

その後、大工の浦田さんが中心になり、水平・垂直のレーザー墨出し器も使って建物の検証を行いました。

結果、中央付近の柱を12mm上げれば十分に水平が回復できることが判明しました。

構造全体を見終えた北原教授も古民家再生の宮本さんも「これならほとんど問題ない。十分に修復再生可能」と口を揃えました。

田上さんの安堵した表情が印象的でした。

これから熊本県立大学のご協力をいただきながら、限界耐力計算を行い具体的な再生プランを進めていくことになります。

(岸本 亨)

IMG_1558.jpg

IMG_1565.jpg

IMG_1568.jpg

IMG_1580.jpg

[ 2016/10/13 11:45 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

「未来へ歩む懐かしい家」

2016年(平成28年)10月10日(月)

連日季節外れの蒸し暑さに見舞われていた熊本も、今朝はやっと10月らしい肌寒い朝を迎えました。

そんな連休の最終日の今日、長崎から8名、福岡から5名の大学生がボランティアに来てくれました。

甲佐町の築80年の古民家修復のお手伝いです。

先月もFIWC(フレンズ国際ワークキャンプ)のメンバー10名が9/17~9/19で作業してくれた同じ現場です。
その時のメンバー数名が今回も参加してくれました。

前回作業で発生した廃棄材の片付けと清掃、そして周辺の草刈りが本日の主な作業メニューです。

震災後解体寸前だったこの家は、伝統建築の価値保存と集落の風景維持に配慮して修復再生に方向転換しました。
幼いころからの思い出を大切にしたい施主さんの気持ちが原動力となりました。

古い家にまつわる記憶はその人にとっての原風景のようなものかも知れません。できれば大切にしたいものです。

午前の作業終了後に当研究所代表の松下が参加者全員を集めてこの取り組みの経緯とその意味を話しました。

伝統建築の構造とその耐震的価値。
集落(コミュニティ)の大切さと非常時に発揮される力。
ごく普通の人々がいざという時に集結し発現する相乗パワー。

学生さんたちは興味深げに聞き入っていました。

「ボランティアには正直あんまり興味ないけど、いろんなところに手伝いに行って、いろんな人と知り合い友達になり、また会えたりする、そのつながりが楽しいし嬉しい。いっぱい友達になってほしい」

先月も参加した女子学生のランチタイム自己紹介の時の発言です。

この言葉に復興や社会再生の重要なエッセンスがこめられているように感じました。

(岸本 亨)

IMG_1512.jpg

IMG_1517.jpg

IMG_1522.jpg

IMG_1539.jpg

IMG_1547.jpg
松下解説

IMG_1551.jpg
待ってました!お昼ごはん(^^)

[ 2016/10/10 18:07 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

ブログ始めました

2016年(平成28年)10月4日(火)

はや10月ですね。

あの熊本地震からやがて半年になります。

松下生活研究所CSR推進室をスタートしてちょうど二週間目の出来事でした。

じっくり練り上げたCSRリーフレットが刷り上がったその翌日の夜、最初の地震発生。

夕食後のまったりタイムを激しく揺さぶるような強い地震でした。

その翌々日深夜に本震が発生しました。

最大震度7。

午前1時半ごろ、
家ごとシェイクするような猛烈な揺れに驚いて目が覚めると横の本棚が倒れかかり下敷きになりました。

棚のガラスが割れ頭と手から出血。

停電で真っ暗な中、家内の手を借りて本棚の下からやっと脱出し懐中電灯の灯りを頼りに止血処置を受けました。

そうしているうちに近所に住む女性が震えながら玄関に飛び込んで来ました。

あまりの恐怖に一人では耐えられなかったのです。

地鳴りをともなう強い余震が連続する中、家内と三人、まんじりともせず夜を明かしました。

それから「非日常」の日々が始まりました。

一日中鳴り響く救急車のサイレンとヘリの騒音。
断水。
買い物不可。
テレビ画面に次々に映し出される信じがたい被災光景。
阿蘇神社。
熊本城。
阿蘇大橋。
益城町。
西原村。
壊れてしまったふるさと。
誰もが言葉を失いました。

永遠に続くのではといぶかるほどの止まらぬ余震。
全国から続々と集まるボランティア。
炊き出し。
支援物資を配る日々。
片づけても片づけても片づかぬ事務所と我が家。

支援車両で道路は慢性渋滞。
公園やグラウンドは車中泊の車でぎっしり。
支援の状況が目まぐるしく変化していく日々。

街全体が「非日常」からほんの少し落ち着きを取り戻しはじめたのは5月の半ば頃だったでしょうか・・・。

あれから半年。

被災地の瓦礫処理は遅々として進まない中、地震直後18万人もいた避難者は数百人に減り、仮設住宅の整備も九割
がた進んでいます。

反面、ボランティアの数は激減し、社会福祉協議会の発表では一時期3000名を超えた一日の活動者数が8月のお
盆以降は0名や1名を記録する日も多くなっています。

熊本は「緊急時対応」から「復興」への新たな段階に移行しています。

求められるボランティア活動も変化しています。
生活復旧支援活動から日常生活支援への流れ。
まだまだ人手が必要な局面は今でもあるし、これからもいくらでも発生します。

これからボランティアをお考えの方は下記サイトを参考にしてみてください。

熊本県災害ボランティア情報
http://kumamoto.vc/

熊本の復興は初期の混乱期を過ぎてやっとスタートラインについたばかりと言えるかもしれません。

CSR推進室は「熊本地震からの復興」をメインテーマとして、熊本の「今」や目の前にある課題、当研究所が対応し
ていることなどをCSRの観点からこのブログで発信していきます。

それを皆様方と共有し、一緒に復興について考えていけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

下の写真はすべて、被害が大きかった益城町宮園の今日の光景。

IMG_1487.jpg

IMG_1496.jpg

IMG_1494.jpg

IMG_1481.jpg

IMG_1479.jpg

CSR推進室 岸本 亨


[ 2016/10/04 18:35 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。