FC2ブログ

マツケンCSR通信

松下生活研究所のCSR(企業の社会対応力)をめぐる日々の動きを発信していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

伝統建築に打ち込む

浦田浩。 35歳。
大工職人。

CIMG3944-1.jpg
     笑顔の良さに定評のある浦田さん

今や貴重な存在となった「手刻み」で自ら木材を加工し家を
建てる若き棟梁です。

現代の木造建築は「プレカット工法」と呼ばれる、あらかじ
め工場でカット加工された木材を現場で組み合わせると
いうやりかたが主流を占めています。

その方が工期が短縮でき、安定的な材料供給もでき、
結果的に人件費・経費の削減につながるからです。

「手刻み」と呼ばれる、木材を自分で手仕事加工して家
を建てる大工さんは、現代ではほとんど見られなくなり
ました。

手間と時間がかかり、経済効率も悪いからというのが
その理由です。

いつの間にか、採算性や経済効率最優先になった社会
では、ある意味仕方がないのかも知れません。

しかしながら、ごく少数派の建築家たちは今でも、昔なが
らの「手刻み」にこだわり、手間暇をかけて家を「造って」
います。

彼らは、このやり方こそが、本当の木造建築だという信念
と誇りを持っています。

木材には、それぞれの個性があります。

経験豊富な大工さんは、一つ一つの木材の個性
(曲がりや微妙な弾力など)を見抜き、その特性を
活かして使用します。

まるで、優れた教師が、生徒の特性を見抜き、その
個性と能力を生かし、伸ばしていくように。

一方、プレカット工法では、木材をひとくくりに「材料」
として加工しますので、それぞれの個性を活かすという
考えはありません。

木材はあくまでも工場で加工するただのモノ、「材料」
なのです。

浦田さんは木材とまるで生き物のように向き合い、
対話し、丹念に「手刻み」で加工し、家を「造る」大工
職人です。

現在、松下生活研究所LLC.建築部門の専属大工職人
として腕を奮っています。

昨年の7月から浦田さんの大仕事がスタートしました。

山都町鶴ヶ田のK邸の新築を初めて一人で請け負うこと
になったのです。

三世代7人が同居する予定の大きな二階建ての木造
住宅です。

実際の木材加工のための図面起こしから、材料の手刻
み加工、そして組み立てまで、すべて自分でやります。

もちろん要所要所でほかの業者の手は借りますが、
基本的には一人で請け負う大きな仕事です。

木工事をまるごと請け負う仕事は、大工になって
これが初めての経験になります。

「責任があるので緊張するし、だからこそ命がけ、
やりがいがあります」

と浦田さんは語ります。

現場が自宅のある植木町からは遠いため、K邸の敷地
にある納屋を借り、その中にテントを張って自炊生活を
しています。

最愛の家族(奥さんと2歳の男の子)から離れ、泊まり込
んで日々取り組む「手刻み」の家造り。

まだ寒さ厳しい去る2月の始め、山都町鶴ヶ田の現場に
浦田さんを訪ね取材しました。

CIMG3960-1.jpg
材料の木材に墨付けをする浦田さん

CIMG3935-1.jpg
浦田さんが2週間かけて描いた「板図(いたず)。
薄い板に設計図の柱と梁などを書き写したもので、
これを元に墨付けしていきます。


CIMG3953-1.jpg
板図に手書きで丹念に書き込まれた「二階床伏せ図」。
どこにどの木材を使用し、どのような構造になっているか、
これを描くことによってすべて頭に入ってしまうと浦田さん
は語ります。


CIMG3959-1.jpg
木材一本一本の状態を確認しながら使う部位を決めて
いきます。
プレカットではこのような技はできません。

CIMG3939-1.jpg
込み栓(こみせん)の説明をする浦田さん。
木材同士の結合を強固にするため打ち込む15ミリ角
程度の堅木材を「込み栓」といいますが、その結合を
より強固にするため、わざと1.5mm程度穴をずらす
といいます。
日本伝統建築の知恵です。


CIMG3107-1.jpg
浦田さんがイノチのように大切にするノミやカンナの
道具たち。
毎日、仕事を終えると30分ほどかけて丹念に手入れを
するそうです。
「道具が仕事を教えてくれる」
と浦田さんは言います。


CIMG3961-1.jpg
納屋の中に設けた本棚の書籍。
伝統構法を科学的に設計する木構造の第一人者・山辺構造設計
事務所・山辺豊彦氏の著書が見えます。
浦田さんは、この山辺氏の「九州大工塾」に7回
ほど通い、直にこの構法を学んでいます。
松下生活研究所は、その構造の考え方を基に熊本県立大学教授と
耐力壁を研究し、「渡り顎構法+落とし込み板壁構法」を採用して
います。
ちなみに昨年の熊本地震において松下生活研究所がこの構法で
建てた住宅はほとんど損壊がなく、その耐震的強固さが注目を集めました。

CIMG3970-1.jpg
このK邸は五木村産の「葉枯らし乾燥木材」を
採用しています。
五木産の木材を使用して建てる住宅を「五木源
(ゴキゲン)住宅」と呼びます。
気品があり美しい五木村産の木材。
美しくキモチのいい木の家で、住む人は「ごきげん」に(^^)


CIMG3967-1.jpg
基礎部分が仕上がったK邸の外観。向こうに見える現在
の母屋は、新築後に解体予定です。

CIMG3968-1.jpg
この日打ち合わせに訪れた松下生活研究所・松下所長
と建築スタッフの持田美沙子さんと話す浦田さん。

CIMG4450-1.jpg
この日から約一か月後、3月11日のK邸上棟式の時の
浦田さん一家。
一家の大黒柱の晴れの日に、奥さん子供さんも大喜び。


CIMG4440-1.jpg
上棟式の日のK邸の外観。
がっしりと美しい、という印象。

この取材を通して、感じさせられることがたくさん
ありました。

仕事とは何か。

イノチがけ、とは何か。

建築家としての良心とは何か。

住まいとは何か。

人と人との絆とは何か。

浦田さんの、このK邸にかける責任感と情熱が、これらの
問いに答えを与えてくれるような気がします。

自分の仕事に本気で打ち込み、命がけでやり遂げる。

日本の伝統的な建築技術と職人魂を継承する若き棟梁
の挑戦はこれからも続きます。

(取材・文責 岸本 亨)


スポンサーサイト
[ 2017/04/09 09:50 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

CSR検定試験のご案内

2017年(平成29年)2月24日(金)


企業、団体が生命や自然環境に配慮しながら社会課題の解決をはかるCSR活動は今後の社会に多大な影響を及ぼしていきます。
CSR(企業の社会対応力)の理解度をはかる「CSR検定試験」を今年も熊本で開催いたします。

申し込みは3月17日(金)まで。

チャレンジ予定の方はお忘れないようお申込みください。

「CSR検定(第5回3級試験)開催要項」

■日時 平成29年4月16日(日)
    午前9時30分開場
    午前10:00~11:10(3級試験)
■会場 熊本県民交流館パレア 9階 会議室2
    熊本市中央区手取本町8番9号
テトリアくまもとビル 9階
TEL:096-355-4300
    


<受験申込・お問合せ先>
主催 株式会社オルタナ
   URL:www.csr-today.biz
mail:kentei@alterna.co.jp
※受験お申込みは平成29年3月17日(金)が締め切りになります。

<熊本会場担当>
松下生活研究所 LLC. CSR 推進室 岸本 亨
■住所:〒862-0915 熊本県熊本市東区山ノ神 2 丁目 9-16
■電話:096-202-4136 FAX096-202-4055
■E メール:toru@matsuken-lab.com
※CSR検定3級公式テキスト(2016年改訂版)は当社にも在庫あります。
必要な方はご連絡ください。(税込み¥1,728)送料別

第五回3級検定試験チラシ
[ 2017/02/24 17:12 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

マスコミ倫理懇談会全国協議会一行にレクチャー

2017年2月21日(火)

先般2月16日(金)、「災害報道研修会」で熊本を訪れた一般社団法人マスコミ倫理懇談会全国協議会の一行44名を、「ふるさと発 復興会議」と御船町が協力してアテンドし、「熊本地震」の報告とレクチャーを行いました。

一行は午後一時過ぎに会場の御船町恐竜博物館に到着。

以下、当日の進行表です。

13:00 御船町恐竜博物館
    2F 体験交流室に集合

  司会進行 岸本亨(「ふるさと発 復興会議」事務局)

13:05 藤木正幸御船町長挨拶

13:15 「ふるさと発 復興会議」松下修事務局長挨拶
     
13:20  復興会議統括・徳野貞雄レクチャー

「熊本震災の特徴とマスコミへの要望」
「熊本震災に関する解説図」
「徳野アンケート」
「熊本城復興に関するびっくり提言」
「熊本震災における地域再生の支援活動・6か月の記録」

14:00 <御船町復興事例報告>

「ふるさと発 復興会議」議長・河井昌猛報告
楠本隆昌(御船町東上野水利組合長)他二名
「農業用水路復旧」
山下陽子(御船町水越地域活性化協議会事務局長)
「滑落巨石処理」

14:45 西原村・佐々木康彦(西原村臨時職員・中越「山の暮らし再生機構」スタッフ)より復興支援に関する報告(約10分)

15:00 出発 
15:30 西原村河原草刈り現場
    ・見学と説明(河井昌猛)

16:00 阿蘇熊本空港到着

見送り、解散

        <photo gallery>

CIMG4010-1.jpg
藤木正幸・御船町長の挨拶。「マスコミの一言、一行、そしてSNSの
拡散で状況は大きく左右されます」

CIMG4015-1.jpg
「ふるさと発 復興会議」松下修事務局長の挨拶。震災直後と現在の
報道状況の格差を指摘。「ふるさと発」の設立の経緯と活動を
報告しました。

CIMG4018-1.jpg
徳野先生のレクチャーが始まりました。
熊本地震は「マチ型震災」と「ムラ型震災」の複合型。
さらに「地震」と「豪雨」の複合型と指摘。

CIMG4023-1.jpg
一般の支援団体と「ふるさと発」はかなり活動の性格が異なることを強調。

CIMG4028-1.jpg
御船町に採用された「徳野アンケート」を説明する徳野先生。暮らしと農業への視点を忘れてはいけないこと、そして災害ボランティアに農業支援が無い制度的不作為を指摘。

CIMG4030-1.jpg
「ふるさと発 復興会議」河井昌猛議長の御船町復興支援報告が始まりました。昨年12月3日に実施した農業用水路復旧作業の経緯と結果を画像を使って報告。

CIMG4043-1.jpg
途中から地元住民4名も参加して証言。無理だと諦めていたことが
支援を受け入れることによって好転した驚きと喜びを語りました。

CIMG4038-1.jpg
御船町東上野水利組合長・楠本隆昌さんのお話。この方が昨年10月31日の住民座談会で土石で埋まった農業用水路の窮状を訴えたことが12月3日のボランティア60名による復旧につながりました。

CIMG4035-1.jpg
御船町水越地域活性化協議会事務局長・山下陽子さんのお話。
10月21日の住民座談会のあと、「ふるさと発」から継続的支援の申し入れがあり、みんなで話し合って受け入れたことが、作業道を
ふさぐ100トンの巨石の処理につながった経緯を話されました。

CIMG4054-1.jpg
プログラム最後の西原村臨時職員・佐々木康彦さんによる報告。
コミュニティの想いを共有する「西原村での集落再生にむけた取り組み」を報告しました。
「内の力と外の知恵」「できることを続ける」
「集落に主体を置く(外がハンドルを握らない)」といったキーワードを駆使した報告に、マスコミ倫理懇談会の皆さんが食い入るように聴き入っていました。


レクチャー終了後、3時過ぎに御船町を後にした一行は、西原村の農地復旧作業の現場をバスの中から見学して、阿蘇熊本空港に到着しました。

別れ際に、マスコミ倫理懇談会・事務局長の林恭一さんから「とても充実した視察研修になりました。皆さんたいへん喜んでおられます」というお言葉をいただきました。

御船町と「ふるさと発 復興会議」による復興コラボレーションが、また一つ成就しました。

(文責)岸本 亨





[ 2017/02/22 07:46 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

山都町棚田復興プロジェクト始動!

2017年2月6日(月)

松下生活研究所が事務局を務める「ふるさと発 復興会議」の山都町棚田復興プロジェクトが具体的に動き始めました。

快晴の2月2日(木)の朝、待ち合わせ会場の通潤山荘に「ふるさと発 復興会議」のメンバーと地元の棚田復興プロジェクトメンバー合わせて10名が集結しました。

3/11-12に予定している第1回の棚田復旧ボランティア作業の事前調査が目的です。

農地の被災箇所を実見して、正確な場所を特定し、地権者を調べ、作業を実施する場所を選定します。

5年前の九州北部豪雨で農地復旧を主導した九州大学芸術工学研究院准教授の朝廣和夫先生、そしてその現場で指揮にあたった山村塾の小森耕太さんも福岡から応援に駆けつけてくれました。

このお二人は昨年10月29日に開催した「ふるさと発 復興会議 in 山都町」にも参加し、農地復旧に関する様々な事例やノウハウを伝えてくれました。さらに昨年末、御船町上野で実施した「農業用水路復旧作業」においてもコーディネーターを務めました。

「ふるさと発 復興会議」の農地復旧に関するエキスパートとして、前川俊清先生(元広島大学准教授・農業土木)とともに全面的なご協力をいただいています。

今回の「山都町棚田復興プロジェクト」は、代表を務める地元でお茶農家を営む下田美鈴さん、そして山都町女性議員の吉川美加さん、この二人の女性リーダーの呼びかけで実現しました。

待望の復旧作業に向けて重要な事前調査となるこの日、道路の凍結や積雪が心配されましたが、ふたをあけてみれば雲一つない快晴。

プロジェクトの前途を象徴するような天候のもと農地調査がスタートしました。

CIMG3801.jpg
午前9時半 通潤山荘ロビーに集合したメンバー

CIMG3805.jpg
        さあ、本日の第一地点に向かいます

CIMG3807.jpg
朝廣先生がGPSで現場の正確な位置を特定し、時刻を確認します。
記録係は山都町議員の吉川美加さん。


CIMG3815.jpg
壊れた畦や法面の状態をチェックします

CIMG3816.jpg
地元農家で自治振興会会長の草野昭治さんが案内して
くれました(手前の白長靴の方)

CIMG3848.jpg
いつ見ても心静まるこの風景。大切にしたいですね。

CIMG3850.jpg
棚田の各所でこのような崩落が見られます

CIMG3855.jpg
次ぎの現場に向かいます

CIMG3862.jpg
崩落個所の寸法を測ります

CIMG3892.jpg
午前の部ラストの現場に向かう一行

CIMG3894.jpg
昼食場所の下田さん宅に到着すると徳野先生(ふるさと発統括・熊本
大学名誉教授)の姿も


CIMG3897.jpg
下田美鈴さんの手作り料理の数々。カラダの中からキレイになりそう

CIMG3898.jpg
美味しさと、歩き回った空腹で、みんなススム、ススム(笑)

CIMG3901.jpg
午後の部は山都町役場の本田課長も合流していただきました

CIMG3909.jpg
ご夫婦で何日もの手作業で田んぼの石を取り除いている松本さん
(右から二人目)と談笑


CIMG3912.jpg
この日最後の地点を検分する一行。
徳野先生と河井議長がなにやら意見交換(^^)

CIMG3917.jpg
下田さん宅に戻り、河井議長を中心に円陣ミーティング

CIMG3922.jpg
終了後は徳野先生による「T型集落点検」スペシャルセミナー。
ブルーのジャンパーの男性は「山都町棚田復興プロジェクト」
の事務局を引き受けてくださった東京の山口智彦さん(鹿児島県出身)。

CIMG3924.jpg
通潤山荘の温泉でひとっ風呂浴びたあと、下田さん宅で再び会議。
3時間近くに及びました。皆さん、よくやります(笑)


CIMG3932.jpg
やっと待望の夕食。みんな笑顔。美鈴さんの美味しい
手料理と出来立ての自家製どぶろくに舌つづみ。
酔い口爽やか。ススム、ススム、ワタシ(^^)

徳野先生と有志メンバーによる懇談は、深夜2時に及んだそうです。

ちなみにワタクシ、途中で舟をこいでいたら、
「岸本さん、もう寝た方がいいよ」
と徳野先生に引導を渡され(笑)、
はやばやと夢の世界に旅立ちました。

「ふるさと発 復興会議」の理念の第三項は、

<志のあるメンバーによって自主的に運営され、会員にとって意義のある楽しい活動を目指す。>

とあります。

まさにこの理念通りの一日となりました。

来月、3月11日(土)12日(日)は予定通り、「山都町棚田復興プロジェクト」の第一回目のボランティア作業を行います。

詳細は追ってまたこのブログやフェイスブックで告知する予定です。

農林漁業は「イノチのインフラ」。

志を同じくするメンバーで復興をどんどん進めていきましょう。

(文責)岸本 亨
[ 2017/02/07 05:38 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

みんなが集い、明るい復興の兆し。水越の「どんどや」

2017年1月16日(月)

きのう(1/15)御船町の水越地区の「どんどや」に参加しました。

水越は松下所長が事務局長を務める中間支援組織「ふるさと発 復興会議」がサポートした御船町の「地区座談会」の第3回目の開催地でした。

昨年の10月21日に開かれた座談会では、域内の主要道路の崩落問題で住民の皆さんがたいへん悩まされており、役場側に厳しく詰め寄る緊迫した場面もありました。

藤木町長の丁寧な説明と回答でその場は収まりましたが、日頃から地区内のまとまりの良さと明るさで定評のある水越地区の皆さんがこの問題で困り果てている状況がひしひしと実感され、同席した筆者も胸の塞がるような思いがしました。

その後、「ふるさと発」は河井議長を中心に支援を継続し、やはり水越の人々を悩ませていた、地震で落下し作業道をふさぐ巨石の撤去に道筋をつけるという成果がありました。

20161223094954巨石落札


昨年の12月20日夜に開かれた水越での「ふるさと発」主催の撤去説明会に参加した筆者は大変驚きました。

河井議長や松下事務局長の巨石撤去に関する説明を聞く住民の皆さんの表情が、昨年10月の座談会の時とは打って変わって、別人のように明るくなっていました。

ヤフーオークションに巨石を出品し、この夜に落札が確定すると住民の皆さんの間に笑い声と笑顔が広がりました。

具体的に動いて一つの解決の道筋ができると、人は希望の光を見出すということが肌で感じられました。

「ふるさと発」は引き続き、町役場と住民の皆さんの間に立ち、様々な問題の解決に向けて支援を継続していきます。

そんないきさつと背景の中で今年も開催された水越地区の「どんどや」。

全国的な寒波の中、水越も冷え込みましたが、幸い好天に恵まれ、昨年をはるかに超える100名以上の参加者でにぎわいました。

仕事の関係などで水越を離れて暮らす人も、比較的近郊に住む人が多く、「ふるさとの行事」に参集した若い家族連れの笑顔が旧水越小中学校のグラウンドいっぱいに広がりました。

「明るい復興の兆し」

そんな言葉がぴったりの一日でした。

CIMG3625.jpg
午前8時。旧水越小中学校グラウンドに集合した水越地域活性化協議会のみなさんと「ふるさと発」。左端は河井議長。

CIMG3633.jpg
前日のうちに組まれた竹のやぐら

CIMG3648.jpg
中央の心柱に藁を巻いていきます

CIMG3657.jpg
応援に駆け付けた九州東海大学の学生さんたち

CIMG3662.jpg
やぐらに登り作業する「ふるさと発」河井議長

CIMG3669.jpg
地元水越の女性たちが餅つきの準備を始めました

CIMG3668.jpg
客席の準備も万端

CIMG3674.jpg
手書きがイイ(^^)

CIMG3692.jpg
書初めをする地元出身の女の子 「幸せ一番」 そうなるね(^^)

CIMG3698.jpg
水越活性化協議会の山下さんから巨石のかけらのお守りをプレゼントされる松下さん

CIMG3709.jpg
準備着々

CIMG3721.jpg
地元の住職さんが準備した「かっぽ酒」ならぬ「かっぽ芋」

CIMG3727.jpg
いよいよ開会。水越地域活性化協議会・古閑会長のご挨拶

CIMG3734.jpg
不肖ワタクシが地元の女の子とともに火入れ

CIMG3737.jpg

希望とともに燃え始めるどんどや
CIMG3760.jpg
ぜんざいも振舞われ大賑わい

CIMG3773.jpg
待望の餅焼きが始まりましたよ~

CIMG3771.jpg
「ふるさと発」統括の徳野先生もうれしそうに餅が焼けるのを待ちます(^^)

CIMG3783.jpg
終了後は水越地域活性化協議会のみなさんと「ふるさと発 復興会議」の合同打ち合わせ

文責・岸本亨

[ 2017/01/16 07:38 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。